動物用内視鏡システム VES Be-one
<ベス ビーワン>

かけがえのない存在から選ばれる一つであるために。

唯一の存在である動物と、その存在を想い、健康を願う飼い主さまにとって、より良い選択の一つとなることを目指す姿勢を「Be-one」という名前に込めました。

ひとつ先の、「見やすさ」を。ひとつ先の、「使いやすさ」を。

ひとつ先の、「見やすさ」を。

症状を言葉で伝えられない動物の診療に、高画質な画像が威力を発揮。
日常診療の頼れる"目"として観察・診断に役立ちます。

  • 微細な病変も見逃しにくいハイビジョン対応
  • 細径スコープの高画質化、視野角の広範囲化を実現
  • NBI(Narrow Band Imaging)搭載

ひとつ先の、「使いやすさ」を。

実際に動物たちを診療する先生方のためにひとつ先の「使いやすさ」を追求。

  • 防水設計により浸水故障の心配を軽減
  • LED採用で明るく、長寿命
  • ポータブルメモリー対応で、画像管理の効率化に貢献

製品情報

ひとつ先の、「見やすさ」を。

■ハイビジョン対応

内視鏡検査では、微細な病変も異物も見逃さない、より高精細な画像が求められます。本システムでは、高解像度CCDを採用し、細部まで繊細な画像が得られるハイビジョン対応スコープ「VQ-9143C」と「VQ-9303C」をご用意。ビデオシステムセンターも改良し、微細な血管や粘膜の表面もリアルに再現。高精度な検査・診断をサポートします。

■細径スコープの高画質化

VQ-5112Cは、5.4mmの先端部外径ながら高画質化を実現。従来の細径スコープを超える高精細な画像を提供します。さらに、細径を維持しつつ、鉗子チャネルも2.2mmに拡大。一層の吸引もサポートします。

VQ-5112B

■NBI(Narrow Band Imaging)

粘膜表層の毛細血管や表面微細構造が強調表示されます。

血管走行が強調表示されるNBI

NBI(Narrow Band Imaging)は粘膜表層の毛細血管の表面微細構造が強調表示される、オリンパス独自の光デジタル法による画像強調観察機能です。
2つの狭帯域化された光が、ヘモグロビンによって強く吸収され、血管と背景粘膜とのコントラストを強調。モニター上では粘膜表層の毛細血管が茶色調に、深層血管がシアン(青緑)調に表示されます。

NBI(Narrow Band Imaging)

■広い視野角と2つのライトガイド

VQ-5112Cの視野角は、従来スコープより20°広い140°です。近接観察時も広範囲の観察が可能になりました。さらに、ライトガイドが2つになり明るさも向上。2方向から光を当てるため処置具の影も低減され、より見やすくなります。

VQ-5112B

■クロースフォーカス

ハイビジョン対応スコープは、2mmまでの近接観察が可能。精細な画像で、粘膜や毛細血管の詳細な観察を支えます。

VQ-9143C、VQ-9303 C

クロースフォーカス

■プリフリーズ機能

フリーズスイッチを押さない間も自動的に連続して画像を保存し続け、フリーズスイッチを押した時に、その前のコマからブレの少ない画像を自動抽出する機能です。

プリフリーズ機能

■構造強調機能

画像のコントラストを強め、粘膜構造をスクリーニングするのに適した従来の構造強調Aに加え、血管走行をより詳細に観察するのに適した構造強調Bにも新たに対応しました。

構造強調機能

ひとつ先の、「使いやすさ」を。

■防水コネクター

防水設計のスコープにより、従来必要だった防水キャップが不要になりました。洗浄時も浸水故障の心配がなく、セッティングの取り扱いも簡単です。

防水コネクター

■LED光源一体型

光源一体型プロセッサーにLEDを採用。150Wのハロゲンランプに比べ、1.5倍明るく、詳細な観察をサポートします。さらにLEDは長寿命のため、イージーメンテナンスと省ランニングコストも実現します。ビデオシステムセンターと光源の一体型だから狭いスペースにも設置可能です。

■ポータブルメモリー対応

ビデオシステムセンターのフロントパネルにポータブルメモリーのスロットを搭載。内視鏡画像はメモリーに自動転送されるため、パソコンへの保存がスピーディーに。静止画像管理の効率化に貢献します。

VES be-one ビデオスコープ詳細はこちら

動物用ビデオシステムセンター OLYMPUS VO-4C仕様

動物用ビデオシステムセンター OLYMPUS VO-4C

動物用医療機器届出番号:29動薬第3127号

電源入力 定格電圧 100V(電圧変動±10%以内)
定格周波数 AC 50/60Hz(周波数変動±1Hz 以内)
定格入力 200VA
外径寸法 313(W)×157(H)×442(D)mm(最大)
質量 11kg
観察 照明ランプ LED
アナログHDTV信号出力 RGBまたはYPbPrを選択して出力可能(1080/60i)
アナログSDTV信号出力 VBSコンポジット、Y/C、RGBを同時出力可能
デジタル信号出力 SDI(HD-SDIまたはSD-SDI)、DVI(WUXGA、1080PまたはSXGA)を同時出力可能
ホワイトバランス フロントパネルのボタンで調整可能
色調の調整 「赤」:±8段階、「青」:±8段階、「彩度」:±8段階
オートマチックゲインコントロール(AGC) 内視鏡先端と観察部位との距離が離れ光量不足となった場合、電気的に内視鏡画像の明るさを増すことが可能
ノイズリダクション 画像処理でノイズを低減
測光方法の切り替え フロントパネルのスイッチで自動調光の測光方式を切り替え可能
「ピーク」:内視鏡画像の明るい部分の明るさが一定になるようにします
「平均」:内視鏡画像全体の明るさが一定になるようにします
画像強調方法 以下の強調方式を選択可能
「構造強調」:内視鏡画像の微細な模様や輪郭を強調し、鮮鋭度を増した画像にします
「輪郭強調」:内視鏡画像の輪郭を強調し、鮮鋭度を増した画像にします
プリフリーズ 静止画像表示操作をする前の画像の中から最もブレの少ない画像を自動選択し表示
光デジタル観察 狭帯域の照明光を用いたNBI観察が可能
記録 リモートコントロール 当社指定の周辺機器を制御可能
患者データ 内視鏡画面に患者データを表示可能。ID、患者名、性別、年齢、生年月日、撮影年月日(時刻、ストップウォッチ、コメント)
記録状態表示 内視鏡画面に周辺機器の記憶状態を表示可能。ポータブルメモリー、内部バッファー、デジタルビデオレコーダー、ビデオプリンター、内視鏡画像ファイル装置
患者データの事前登録 患者データを50件分まで登録可能。ID、患者名、性別、年齢、生年月日
ポータブルメモリー メディア MAJ-1925(オリンパス製)
記録フォーマット TIFF:非圧縮、JPEG(1/5):約1/5圧縮、JPEG(1/10):約1/10圧縮
MAJ-1925の記録枚数 TIFF:約227枚、JPEG(1/5):約1024枚、JPEG(1/10):約2046枚
表記 販売名 動物用医療機器届出番号
VO-4C 動物用ビデオシステムセンター OLYMPUS VO-4C 29動薬第3127号
VQ-5112C 動物用ビデオスコープ OLYMPUS VQ-5112C 29動薬第3124号
VQ-9143C 動物用ビデオスコープ OLYMPUS VQ-9143C 29動薬第3125号
VQ-9303C 動物用ビデオスコープ OLYMPUS VQ-9303C 29動薬第3126号

お問い合わせ先

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-50-1 Daiwa笹塚タワー
動物医療企画グループ

電話番号
03-5738-3943
お問い合わせフォーム
株式会社AVSへのお問い合わせ

VESまたはVES Be-oneは、動物用内視鏡システム(販売名:動物用ビデオシステムセンター OLYMPUS VO-4C等)の愛称です。